皆様に安心してご利用いただける医院を目指して

お知らせの最近の記事


山梨県立大学大学院看護学研究科修士課程の共通科目および「在宅看護学」「急性期看護学」「慢性期看護学」「感染看護学」の4分野は、令和2年2月28日付で一般社団法人日本看護系大学協議会より高度実践看護師教育課程の認定を受けました。

これまで日本の専門看護師は26単位を基準にして教育が行われてきましたが、平成24年から38単位を基準にしてケアとキュアを融合した高度な看護実践能力を持つ、より高い水準の専門看護師の育成制度が始まりました。本学の教育課程は26単位の教育課程として認定されていましたが、今回カリキュラムのを改定して38単位の教育課程として認定を受けました。

38単位の教育課程は令和2年4月入学生から適用となります。

現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、協議の結果、3月9日(月)に予定しておりました看護学研究科・看護学部共催FD・SD研修会「看護における混合研究法の活用―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ」の開催中止を決定いたしましたので、お知らせいたします。

 参加者の皆様、関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、中止することにいたしました。

 お申込みをいただいた皆様には、急なご案内となりご迷惑をおかけしますが、ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

看護学研究科・看護学部FD・SD委員長 遠藤みどり

2月17日(月)に第3回研究計画発表会を開催しました。

今回は4名の大学院生が発表を行い、いずれも研究コースの特別研究に係る発表でした。

当日は教員37名・在院生18名が参加し、出席された先生からは質問やコメントが寄せられ、活発な質疑応答が行われました。

発表者は修士論文提出に向けて、今回の発表での成果と課題をぜひ活かしてくれることを期待しています。

IMG_7342.JPG IMG_7388.JPG

2月17日(月)に第2回修士論文発表会を開催しました。

今回は4名の修了予定者が発表を行い、いずれも専門看護師コースの特定課題研究に係る発表でした。

当日は教員40名・在院生16名が参加し、出席された先生からは質問やコメントが寄せられ、活発な質疑応答が行われました。

修了後も、大学院での学びを最大限に活かしご活躍されることを期待しています!

IMG_7398.JPG IMG_7440.JPG
現在発生している新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、協議の結果、開催中止を決定いたしました。

山梨県立大学大学院看護学研究科・看護学部では、下記のとおりFD・SD研修会を開催致します。
多くの方のご参加をお待ちしております。

■日時
令和2年3月9日(月)13:30~16:00(13:00受付開始)

■場所
山梨県立大学 池田キャンパス 3号館101講義室
(山梨県甲府市池田1-6-1)

■内容
「看護における混合研究法の活用
―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチー」

講師:聖路加国際大学大学院看護学研究科
   教授 亀井智子 先生

対象
本学教職員、本学大学院生・修了生、山梨県立病院機構看護職員、山梨大学教職員
 
■お申込み

申込締切:令和2年2月28日(金)

■お問合せ
山梨県立大学大学院看護学研究科 教務担当 新美(しんみ)
TEL:055-253-7859
E-mail:gn-ypu@yamanashi-ken.ac.jp

1  2  3  4  5  6