皆様に安心してご利用いただける医院を目指して

在宅看護学(専門看護師コース)

<専門分野の紹介>
 在宅におけるあらゆるライフステージにある療養者や家族の現状とニーズを的確に捉え、人権を尊重し、人びとの生活の質(QOL)向上を目指した在宅における高度な看護実践力・ケアマネジメン力・調整力・経営管理能力・研究能力を高め、先を見越した在宅ケアシステムの構築に資する質の高い在宅看護実践者の育成を目指しています。
 2011年度より、日本看護系大学協議会より在宅看護専門看護師(CNS)教育課程として認定されました。修了生より、現在10名の在宅看護専門看護師が誕生し活躍しています。

<研究室紹介>
 在宅看護学の研究室は、いつも笑いと熱い語らいが絶えません。"ここに来るとパワーが充電できる"そんな研究室でありたいと思っています。

●教員の紹介
 だれもが安心して自分らしく生活できることを目指して、病院在宅の垣根を超えた在宅療養支援マネジメント・ネットワークづくりをテーマに研究に取り組んでいます

准教授 依田純子
 在宅における家族へのアプローチや認知症対策の推進に看護の立場から参画し、研究しています。


在宅1.jpg
 *研究室にてミーティング*

<大学院生活の紹介>
 在学中、ほとんどの学生は、仕事と学業を両立させ、学んだことを即実践つなげて活かせる大学院ならではの面白さを実感しながら学びを深めています。山梨県内の修了生は11名、県外生(東京、埼玉、静岡、長野、新潟、石川)は9名が修了しています。在宅看護への情熱をもっている人達が集まるため、授業が終了してからも情報交換や熱い語らいが続きます。また、異なるキャリアをもつメンバーとの意見交換は、いつもたくさんの刺激が得られ、学ぶことのおもしろさを実感できる場でもあります。

在宅2.jpg  在宅3.jpg
 *在院生と教員とのミーティング*       *修士論文の発表会*

在宅4.jpg  在宅5.jpg
*在宅看護学特論Ⅳは県内の訪問看護ステーション管理者に向けて公開授業を実施
 非常勤講師 内田恵美子先生からの講義を受講*

<修了生の活動状況>
 現在、在宅看護学分野の修了生は20名で、山梨県内外の訪問看護ステーションを中心にして活動しています。うち10名が在宅看護専門看護師です。療養者や家族に寄り添った在宅看護の提供と質向上を目指し日々頑張っています。

*在宅看護に関わっている有志により「山梨在宅看護研究会」を設立

 第1回研究会を開催



<業績一覧>
  • 1)湯本理子 佐藤悦子:スピリチュアリティ評価尺度(SRS)によるスピリチュアリティに影響を及ぼす要因の検討-A県内の訪問看護師を対象として-,日本地域看護学会誌,Vol.15 No.2,2012,73-80.
  • 2)森本麻衣 佐藤悦子,小田切陽一:K市A地区における要支援高齢者の社会関連性に影響する要因の検討,山梨県立大学看護学部研究ジャーナル,第2巻第1号,2016,1-12.
  • 3)並木奈緒美 佐藤悦子:訪問看護ステーションの管理者がもつケアの質確保に関する思いの様相―A県内の訪問看護ステーションの管理者へのインタビューから―,山梨県立大学看護学部・看護学研究科研究ジャーナル第4巻第1号 2018 37-49
  • 4)松本玲子 佐藤悦子 泉宗美恵:Y県における訪問看護師の認知症高齢者ケアに対する訪問看護実践の実態―認知症高齢者訪問看護質評価指標を用いて―,山梨県立大学看護学部・看護学研究科研究ジャーナル第4巻第1号 2018 51-65
  • 5)松土はつみ 佐藤悦子:葛藤を抱えながら在宅で認知症高齢者を介護する嫁の情緒体験,家族看護学研究,26巻1-2号,2021,57-66



<学会報告>
  • 1)松土はつみ 佐藤悦子:認知症高齢者を在宅で介護するこの配偶者(嫁)の情緒体験
    日本家族看護学会第22回学術集会 180 2015.9.5-6
  • 2)並木奈緒美 佐藤悦子:訪問看護ステーションの管理者がもつケアの質確保に関する思いの様相
    日本在宅看護学会誌 第5巻 第1号 2016 85
  • 3)松本玲子 佐藤悦子:Y県における訪問看護師の認知症高齢者ケアに対する訪問看護実践の実態
    第7回日本在宅看護学会学術集会,105,2017
  • 4)大八木綾子 佐藤悦子:長い経過をたどる非がん在宅高齢者・家族の支援に対する訪問看護師の認識  第7回日本在宅看護学会学術集会,107,2017
  • 5)浅永恭子 佐藤悦子:訪問看護師が行う家族意思決定支援に関する事例検討会の成果
    第7回日本在宅看護学会学術集会,122,2017
  • 6)堀井直美 佐藤悦子:訪問看護師による看護継続のための入院時情報提供に対する病棟看護師の認識  第7回日本在宅看護学会学術集会,127,2017
  • 7)中島朋子 佐藤悦子:新任訪問看護師育成に向けたアプローチの効果に関する研究
    リフレクション的手法を取り入れた試みから 第8回日本在宅看護学会学術集会,152,2018
  • 8)秋山奈菜子 佐藤悦子:A県B市郊外の病棟看護師と訪問看護師の連携に関する研究 
    顔の見える関係評価尺度・連携行動評価尺度を用いて 第8回日本在宅看護学会学術集会,146,2018
  • 9)田草川純子 佐藤悦子:訪問介護職がもつ訪問看護師との連携についての認識
    ―独居がん高齢者に関する情報共有に焦点をあてて―,137,2019
  • 10)河村理絵 泉宗美恵 佐藤悦子:在宅における筋萎縮性側索硬化症療養者のスピリチュアルペインに関する訪問看護師の捉え方  第9回日本在宅看護学会学術集会,121,2019
  • 11)村松和歩 佐藤悦子 依田純子:退院支援看護師がもつ急性期病院における訪問看護部門の訪問看護師への認識  ~退院支援看護師3名のインタビューを通して~ 第50回日本看護学会(看護管理)学術集会,140,2019
  • 12)森田佳江 佐藤悦子:医療的ケアが必要な在宅療養児の成長発達を促す支援に関する訪問看護師の認識  第10回日本在宅看護学会学術集会,79,2020
  • 13)小林友美 佐藤悦子 依田純子:在宅認知症高齢者に対する訪問看護師との医療連携における在宅診療医の思い  ―認知症サポート医3名のインタビューを通して― 第10回日本在宅看護学会学術集会,95,2020
  • 14)新藤真由美 佐藤悦子 泉宗美恵:訪問看護師の感染予防行動に影響する要因
    ―A県内の訪問看護師への質問紙調査から― 第10回日本在宅看護学会学術集会,79,2020
  • 15)園田芳美 佐藤悦子:水分・食事摂取の低下した在宅高齢がん末期患者の人工的水分・栄養補給へのケアに関する訪問看護師の認識  第10回日本在宅看護学会学術集会,80,2020
  • 16)網野由貴 佐藤悦子:「がん終末期療養者を在宅で看取った家族(妻)がもつ見取りの意味」に関する検討  第11回日本在宅看護学会学術集会,116,2021
  • 17)河西由貴 佐藤悦子 泉宗美恵:在宅療養高齢者に関わる歯科医師と訪問看護師との連携行動に関連する現状の検討  第11回日本在宅看護学会学術集会,141,2021
  • 18)佐藤七重 佐藤悦子 依田純子:遺伝性神経難病の療養者に対する看護実践で持つ訪問看護師の認識  第11回日本在宅看護学会学術集会,123,2021
  • 19)高坂美鈴 佐藤悦子 依田純子:在宅療養高齢者におけるアドバンス・ケア・プランニングに対する訪問看護師の認識及びそれに影響を与えている要因の検討  第11回日本在宅看護学会学術集会,114,2021

〒400-0062 山梨県甲府市池田1-6-1
山梨県立大学 池田キャンバス内
TEL : 055-253-7780 / FAX : 055-253-7781